今さら聞けないキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードでお金を借りるキャッシング

カードローンとキャッシングという言葉をそれぞれなんとなく使い分けているけど、具体的な違いを説明しろといわれたらできないと思っている人は少なくないでしょう。
基本的に、キャッシングとはクレジットカードを利用してお金を借りることを指します。クレジットカードにはショッピング機能、キャッシング機能というものがそれぞれ備わっていて、ショッピング機能を使うと店でカードを提示することで現金をその場で支払うことなく、商品を買ったり、サービスを受けることができます。一方、キャッシング機能を使うと、ATMなどを通じてお金を借りることができるのです。
消費者金融のカードはお金を借りることしかできないので、ショッピング、キャッシングという区分がありません。そのため、キャッシングといえば、クレジットカードのキャッシング機能を使うことという風になっているのです。

消費者金融や銀行が提供しているカードローン

では、カードローンとはなにかというと、消費者金融や銀行からお金を借りるためのシステム、あるいは金融商品になります。クレジットカードのキャッシング機能との大きな違いは、まず返済システムです。クレジットカードでキャッシングした場合、その返済は翌月、または翌々月の決まった日に銀行口座から引き落とされるという形で行いますが、カードローンの場合、お金を借りた直後から返済期日まで自由に返すことができます。また、クレジットカードは返済が遅れた場合、次回の返済日に改めて引き落としがかかるのが普通ですが、カードローンの場合は、すぐに連絡がきて早急に返済するように求められます。
金利も多少異なり、一般的にはクレジットカードでのキャッシングの方が利率は高めです。