キャッシングの審査に落ちた!原因は何だろう?

どの段階で審査に落ちたのか考えてみよう

キャッシングの審査は、多くの金融業者が最初にスコアリング審査から行います。申込時に記入した個人情報を基にして点数化し、カードローン商品ごとに設定された独自の点数基準以上の人のみ通過させて本審査に進む方法です。スコアリング審査はコンピューターが自動的に行えるので、人件費を必要としません。キャッシング審査にすぐに落ちてしまった場合には、スコアリング審査段階で弾かれたと考えて良いでしょう。
本審査へ進んでから審査落ちをした際には、信用情報調査で引っ掛かったと考えられます。勤務先への在籍確認前に審査落ちとなった状態ならば、申込時の申告内容と信用情報照会により判明した信用履歴に相違点があるか、金融事故を起こしたと考えられます。

信用情報開示請求を行って対策を立てる

本審査へ進んでからキャッシング審査に落ちたと考えられる場合には、信用情報開示請求を行なうことが望ましいです。個人信用情報機関へ掲載されている信用情報は、本人が請求することで開示請求可能となっています。申込時に記入した勤務先情報と個人信用情報機関へ登録されている内容に相違があれば、与信力が高い人であっても審査落ちすることが少なくありません。信用情報は正確であるべきですが、手違いにより誤った登録がされていた事例が大手携帯電話会社を例として報告されているので、自身の信用情報を開示請求して内容を確認して対策を立てる必要があります。信用情報機関に登録されている内容は、登録した金融業者のみが修正出来るので、誤りを発見して自ら金融業者へ申告し、修正依頼しなければならないわけです。